カードキャプターさくら ヨーロッパ城めぐり

TV版に登場する香港以外の海外聖地として、別物でない本物のあの城をドイツから紹介します。

ナレータ「この城が建てられたのは」 ナレータ「この城が建てられたのは」

今から約四百五十年前です。#24冒頭でさくらが
いつも楽しみにしている『ヨーロッパ城めぐり』の
城を撮影しました。撮影角度がやや斜めですが
城の形は完璧に同じです。中央部外壁は修復
中で足場が組まれています。周辺の森や手前
の家並(#24は右下に屋根が見えるだけですが)
も存在しています。大広間、食堂、ベッドルーム
や、#24最後の三百二十年ほど前に建設された
城のほうは、残念ながら撮影できませんでした。
ちなみに画像の#24冒頭はハイデルベルク城、
#24最後は未巡礼ですがザルツブルク城です。
#24に登場しませんが、城から家並を見下ろした
構図です。城に対して真正面を撮影しています。
上の画像は左端に見える橋から撮影しました。
遠くまで見渡せるドイツの深い森も印象的です。
ナレータ「この城が建てられたのは」

カードキャプターさくら 苺鈴の渋谷めぐり

TV版に登場する国内聖地として、別目的で昔撮影しておいた渋谷聖地から流用して紹介します。

苺鈴「きゃは!」 苺鈴「きゃは!」

#40冒頭で苺鈴が駆け下りた階段と、ガラス張り
の建物です。さらに#40とは位置が異なりますが
苺鈴「そんなところに立ちどまってないで」の後ろ
に見えるLEMONTEAのモデルの店も見えます。
ヒトリジメの途中でクレープの店のカットが登場
しますが、この階段を上った場所に実在します。
苺鈴「きゃははははは!!」

実際に階段の先にある通りです。ガラス張りの
建物とドアが見えます。TV版では通りの左側に
ムラサスポーツがありますが、モデルの店は
通りの画像奥右側にあり、位置が異なります。
苺鈴「きゃははははは!!」
ヒトリジメ ヒトリジメ

の前奏に登場する、苺鈴が駆けてゆく横断歩道
とJRのガードとTOKYUマークらしき楕円と銀行
の看板が左側に見えます。TOKYUの位置関係
だけは、#40では実際より遠い位置にあります。
ヒトリジメの2番冒頭で苺鈴が壁面スクリーンを
見上げるカットでは、右側の駅が見えています。
ホンノチョットデモナガク

ヒトリジメの途中で登場するクレープの店が、左
欄外にあります。右はガラス張りの建物ですが、
実際はTV版のような店ではなく、映画館です。
左も右も似ていませんが、構図は再現しました。
後ろ向きの通行人の背中が左下隅に低くみえる
とおり、TV版と同様に道は奥に下っていきます。
ホンノチョットデモナガク
ブレーキはもう効かない ブレーキはもう効かない

でエレベーターから見下ろしている建物は、その
形から推測するとこれと思われます。駅前から
横方向を見たカットで、横断歩道も存在します。
ただし、肝心のエレベータの建物が、交差点の
対角になく、似た建物も遠くにしかありません。
前奏・間奏

再び、ヒトリジメの前奏に登場するカットに戻り、
駅側から見た縦方向です。電器店外壁のAB
この位置からは見えません。トミンケンミン
モデルのドラッグストアもAB手前に実在します。
右側の壁面スクリーンはヒトリジメの間奏に登場
し、クスリの店MHのモデルも周りに見えます。

この後苺鈴たちは東京タワーへと向かいます。
前奏・間奏
富士山 カードキャプターさくら東京タワー展望の前に、
登場はしませんがおまけで富士山の展望です。
苺鈴たちもきっと見たであろう定番の眺望です。
天気に恵まれ、縁起の良い初詣になりました。
その3倍ズームです。望遠鏡で見たときの眺望
をイメージしました。苺鈴も覗いたことでしょう。
正月の澄んだ高高度が富士山を引き立てます。

次はいよいよ、登場する東京タワー展望です。

東京タワー展望に進む
3倍ズーム

CCさくら.TVに戻る