カードキャプターさくら キャットストリート

いよいよ最後の聖地、キャットストリートへと足を踏み入れます。そしてそこで待っていたものは…
苺鈴の観光案内のさらに上を行く驚くべき事実と、キャットストリートで探し求めたあのブツでした。

当ページは2004年版です。2005年版はこちら

摩羅上街 摩羅上街

コンプリートブックの設定資料にある骨董品通り
(ハリウッドロード)とブックレットにある文武廟と
共にある、キャットストリートの案内板です。何故
劇場版に登場しないタイプの案内板かというと、
本当の案内板が、今は下記の状態だからです。
ケロ「わからん。けど、そうやとしたら」

なんと口摩口羅街市場の案内板がありません。
アップでも登場し、キャットストリートのシンボル
ともいえる案内板が撤去されてしまったのです。
とはいえ、案内板以外の背景は完璧に再現する
ことができました。駐車場のように見えた部分が
建物の屋根であることも、新たに判明しました。
フェンスの後ろに別の柵も設置されたようです。
撮影位置にはこの方向にベンチが置いてあり、
上り坂の途中で休憩できるようになっています。
私もここで、聖地巡礼の余韻に浸りました。でも
何故ベンチまでもが必要なのかがポイントです。
ケロ「わからん。けど、そうやとしたら」
苺鈴「どぉーして私たちが一緒にいなきゃ」 苺鈴「どぉーして私たちが一緒にいなきゃ」

それは、ここがラダーストリートといって階段が
続く通りだからです。踊り場に休憩用のベンチが
置いてあるわけです。画像中央部のフェンスが
上記の画像です。そして結論から言ってしまうと
ラダーストリートが劇場版のキャットストリートの
モデルである
という驚くべき事実がありました。
キャットストリート2005を見る
画像の構図は、コンプリートブックの美術ボード
と設定資料を再現し、右から撮影してみました。
階段の手すり、数軒ある店舗、ラダーストリート
を抜けると(画像奥に)文武廟があるという事実
から、雰囲気は多少違いますがここがモデルと
考えられます。そして本当のキャットストリートは
文武廟の手前の踊り場から右に折れたところに
ありますが、何故先に紹介しないのかというと、
本当の通りが、昔から下記の状態だからです。
キャットストリート

右に折れた先に見えるのは、劇場版の通りとは
似ても似つかぬ別物
でした。階段はおろか坂道
でもない平坦な通りです。突き当たりの背景も
劇場版と違い、高層アパートで遮られています。
とはいえ、通りや背景でなく周りに目を向けると
さすがはキャットストリート。劇場版の雰囲気が
伝わってきます。雑貨を売る店舗が立ち並び、
キャットストリートは店舗のモデルと思われます。
キャットストリート
階段 階段

キャットストリートから脇道にそれると、別の階段
があります。ラダーストリートと違い、雑貨を売る
店舗もあります。さらに、美術ボードと設定資料
と同じく殺風景で暗い壁面まであります。ここが
モデルとは思えませんが、雰囲気だけで見れは
劇場版キャットストリートに最も近いといえます。
画像の構図は、同じく右から撮影してみました。
骨董品通り

階段を上ると、文武廟も沿道にある(画像右下
のトラックで隠れていますが)ハリウッドロードに
出ます。画像の左方向がキャットストリートです。
設定資料の画角を参考に、奥の道の曲り方や
看板の配置が似ている場所から撮影しました。
劇場版には登場しないと思われますが、看板は
こちらのほうが派手で、モデルかもしれません。
骨董品通り
骨董みやげもの屋 骨董みやげもの屋

再びキャットストリートです。設定資料の構図を
再現してみました。モデルとは思えないですが、
4文字の店名、ANTIQUEとART、両側に雑然と
置かれた棚の雑貨が、雰囲気を出しています。
そして、キャットストリートに戻った最大の理由、
それは、キャットストリートであのブツを探し出す
ためです。この店舗には残念ながらありません
でした。そしてそれは他の店舗でも同じように。
聖地巡礼のラストバトルです。坂道で疲れた体
に鞭打って、さくらと同じように走り回りました。
そして、たった1店舗で私を待っていたものは…
雪兎「きっと似合うよ」

桜に似た花の首飾りでした。桜の花の髪飾りは
残念ながら見つかりませんでしたが、似たもの
も少なく、たった1店舗に1個あっただけでした。
白色ですが5枚の花びらに加え飾りもあります。
雪兎のように即購入。色と質感のいい巾着袋も
サービスで付けてくれました。記念になりました。

この後はシナリオが見所となって聖地の見所が
無いことと、夕方のホテルや、夜の経済中心地
と建設中のビルは、時間帯が異なるものの既に
紹介済であることから省略します。しかし、ラスト
はシナリオと聖地が見事に融合しているため、
再度紹介します。あの、印象的なセリフと共に。

劇場版のラストに進む
雪兎「きっと似合うよ」

CCさくら.TVに戻る