カードキャプターさくら 成田空港その4

2006年8月3日。カードキャプターさくら再放送の最終話のこの日を記念して、聖地巡礼しました。
南ウイングが再オープンし苺鈴がらみの話も検証できる今、その1と3を補完するのが目的です。

北ウイング出発 北ウイング出発

が残っていないことは成田空港その1のとおり。
しかし、出発便ご案内ではなく、到着便ご案内に
着目したところ、北ウイングに同じものが残って
いました。電光掲示板になっている点が、作品と
異なります。とはいえ残っていたのが幸いです。
見にくいですが、電光掲示板左上には3AUGの
文字も見え、最終話8月3日を象徴しています。
なお、南ウイングには同じものがありませんが、
元から、このシーン(苺鈴がらみの1度目の成田
空港)は北ウイング出発なので問題ありません。
南ウイング出発

苺鈴がらみの2度目の成田空港の冒頭シーン。
南ウイングが改装工事中だった当時、成田空港
その1で扱わなかった画像です。とはいえ、実は
上の画像と同じものを、作品に似せて高い画角
で撮影したものです。つまり北ウイングであり南
ウイングではありません。理由は上と同じです。
南ウイング出発
いよいよ再オープンした南ウイングの検証です。
南ウイング出発便ご案内は、画像のものです。
この画像では3AUGの文字がはっきり見えます。
北ウイングのものより幅が狭く、作品に近いです
が、上の画像のほうがより近いと考えられます。
苺鈴「ちゃんと見送ってよ」(南ウイング版)

やはり南ウイングで再現してこそのシーンです。
幸い、チェックインカウンターEの表示板が存在
するため、画角を合わせて撮影しておきました。
苺鈴「ちゃんと見送ってよ」(南ウイング版)
MEETING POINT 以下はさくらカード編のクライマックスです。
(TV版を鑑賞してから読むことをお勧めします)

MEETING POINT

2004年12月25日の成田空港その3以来であり、
カードキャプターさくら再放送の最終話のこの日
に聖地巡礼する喜び。何者にも変えがたいもの
があります。しかし、実際は年月の流れを感じる
結果でした。クライマックス2005以上に変わり、
MEETING POINTの柱の前の什器も大きくなり、
柱の左脇に至ってはクルマとそのキャンペーン
ガールが立っている始末です。大変残念です。
カウンター

の全体です。前回は作品に画角を合わせること
を重視しましたが、今回は全体を重視しました。
(南ウイング出発も、ロビー全体を撮影しました)
さくらと向き合う小狼の斜め画角でもあります。
カウンター
Money Exchangeと海外旅行保険 Money Exchangeと海外旅行保険

Money Exchangeという文字だけではなく、両替
カウンター全体も入れてみました。人物の位置と
黒い服もせっかくだから偉に合わせてみました。
さくらと小狼が向き合う真横画角でもあります。
海外旅行保険とチェックインカウンター

各々を、画像の左右半分ずつ入れてみました。
小狼と向き合うさくらの斜め画角でもあります。
海外旅行保険とチェックインカウンター
さくら さくら

の正面画角です。カウンターの画像下半分の柵
はこの画像の右の柵であり、全体が解ります。
さくら「また(ネタバレ防止)(南ウイング版)

MEETING POINTを再掲してもつまらないので、
せっかくだから南ウイングのMEETING POINTを
撮影しました。残念ながら形が全くの別物です。
左右対称の左の6角柱と奥のディスプレイ以外
は、垂幕も単なる出発←で、MEETING POINTの
ロゴは右端の小さなオレンジ柱と化しています。
手前には、クルマのディスプレイ什器が置かれ、
聖地の景観を著しく阻害しており大変残念です。
つまり北ウイングが唯一の聖地と判明しました。
さくら「また(ネタバレ防止)」(南ウイング版)
京成線さくら駅 京成線さくら駅

聖地巡礼の帰り、車窓から撮影しました。運良く
さくらの文字のみの表示板の前で停まりました。
他の表示板だと佐倉が含まれるので貴重です。
京成線成田空港

記念に撮影しました。年月日時分が証拠です。
カードキャプターさくら再放送の完結の日です。
この日に巡礼できた完結の聖地に感謝します。
京成線成田空港

CCさくら.TVに戻る