カードキャプターさくら 東京タワー展望

クロウカード編で印象深く使用された東京タワーを、苺鈴の東京タワーめぐりを中心に紹介します。

苺鈴「うわ〜おっきい〜」 苺鈴「うわ〜おっきい〜」

のセリフどおり、1枚には収まらないので苺鈴の
セリフ時の下半分としました。TV版の画角よりも
広いのは、広くしないと上半分が収まらないから
です。さらに、カラフルな屋根の撮影角度もTV版
と異なりますが、これは上半分の東京タワーの
角度を重視したためです。壁面のオブジェクトが
やや違うものの、カラフルな屋根が現在も残って
いたのは幸運でした。(屋根は後も登場します)
ケロ「三百三十三メートルもあるさかいな〜」

下半分で無理をしたぶん、この上半分はかなり
再現できました。それでも、先端部分が微妙に
欠けました。さすがはケロのセリフどおりです。
年始のきれいな空気と目の覚めるような快晴
恵まれ、キャラ達のように思わず見上げました。
大展望台の窓には、2005の白文字も見えます。
ケロ「三百三十三メートルもあるさかいな〜」
さくら「たったったっ」 さくら「たったったっ」

といきなり入って行きますが、実際には画像の
左で入場券を買わないと入れません(前売券?
を持っていたのかもしれませんが)。ドアの把手
が異なる以外は、構造や画角を再現しました。
さくら「パタタ…」

実際にはさくらは、画像右端のドアから入ったと
思われます。ただし現在は奥のドアのみが利用
可能なうえ、両者の間の透明板がありません。
さすがにTV版のよう夢の絵柄はありませんが、
夢からさめた後の赤絨毯もなく、地味な床です。
さらに、TV版と比べて左右の幅も狭いようです。
TV版では重要ポイントゆえ脚色したのでしょう。
さくら「パタタ…」
エレベータ「ピンポーン」 エレベータ「ピンポーン」

画角を再現しました。メーカ名が入っています。
展1展2とは、大展望台の下層上層のことです。
途中の、エレベータの窓からの鉄骨は、乗客が
多くて撮影できませんでした。この画像は頭上を
撮影しました(肝心の展1が光っていませんが)。
ところが、上りエレベータは展1に停まりません。
展2まで直通であり、展1は下り専用なのです。
当時どうだったか不明ですが、展1のピンポーン
はいずれにせよ現在は再現できないようです。
苺鈴「ついたー!!」

展2に着いた後、階段で下りて展1の下り乗場を
撮影しました。なのでセリフと噛み合っていない
ですが、TV版ではここに着いたと思われます。
エレベータの幅は、TV版ほど広くはありません。
ただし左のエレベータから解るように4つ開きの
ドアは現在も同じです。上の表示板も同じです。
苺鈴「ついたー!!」
知世「ほんとうに高いですわねー」 知世「ほんとうに高いですわねー」

さてここからが本番です。左下に緑が見え、かつ
その後のカットで首都高速が横切るような構図
を、大展望台を回って探索しました。その結果、
南窓からの眺めを見つけました。左端のビルが
位置的には例のビルなのでしょう(地平線よりも
上にある)が、外見的には、クレーン奥のビルが
似ています(縦の格子状窓や塔屋。ただし中央
の太い格子が異なる)。さらにその後のカットで
夜の俯瞰図が登場しますが、その位置(画像の
右下欄外方向)には似たビルが無いようです。
さくら「夢の中でわたしが立ってたとこだ…」

そこで、このビルの屋上に注目し拡大しました。
備え付けの双眼鏡で見ればこうなるのでしょう。
縦の格子縞がはっきり見えます。夜の俯瞰図と
比べても、東京タワーからの方向(南窓やや右)
が同じです。ケロどおり、なんかええもん見えた
といった感じです。探索した甲斐がありました。
さくら「夢の中でわたしが立ってたとこだ…」
さくら「ほんとだ…」 さくら「ほんとだ…」

大展望台の内部です。さくらが納得するのとは
逆に、年始の客が沢山いました。左の窓は2005
の白文字用の板が一部を覆っています。右の板
はグッズショップの間仕切りです。TV版のような
ジュース等が飲める店はここにはないようです。
HAPPY

その代わり、カラフルな屋根の下の店は現在も
あります(さすがにHAPPYではありませんが)。
HAPPYのようなハンバーガーショップではなく、
クレープ屋でした。テーブルがなく椅子もチープ
なのが残念ですが、残っていたことは幸運です。

この屋根を踏み台に、さくらはクロウカード編の
クライマックスへと突入してゆくことになります。

以下はクロウカード編のクライマックスです。
(TV版を鑑賞してから読むことをお勧めします)
HAPPY
小狼「くそーー!!」 小狼「くそーー!!」

だが、容赦ない攻撃にさくらは窮地に陥ります。
決戦を遠くから見守るしかない小狼の叫び声。

この画像は、例の神社(実はお寺)の真後ろに
東京タワーがそびえる構図を、斜めからの撮影
によって再現してみました。ここで特筆すべきは
左の建物の前に、黄色い風船がアドバルーンの
ように括りつけられている点です。決戦の前座
の幕開けも、さくらが思わず手放したこの黄色
の風船でした。世の中に偶然は無い感じです。
さくら「やったよー!!」

しかしさくらは、決戦をものにして無事戻ります。
戻ったのは、背後やや右に東京タワーが見える
鳥居の前。さくらは満面の笑みで叫ぶのでした。

実はお寺なので鳥居は無いかと思いきや、隣に
小さな神社がありました。背後右の東京タワーも
再現できました。まさしく「やったよー!!」でした。
ちなみに、上の画像の本堂から見て左右対称な
位置にあり、TV版の弓道場もこの辺りでしょう。
初詣がてら、新年早々収穫の多い巡礼でした。

そしてさくらカード編。こちらのクライマックスも、
成田空港を舞台に年末に巡礼しておきました。

成田空港その3に進む
さくら「やったよー!!」

CCさくら.TVに戻る